社長は会社を儲けさせ、会社を存続させていくために、様々な経営戦略を考えなければいけません。

MENU

会社を立ち上げる時に必要になるのが社長という存在です。

どんな組織でもそうなのですが、リーダーになる人がいなければまとまることができません。

集団というのは1つにまとまることで大きな力を発揮するものであり、そのため企業には社長という存在が欠かせないのです。

社長が会社にとって大事であるというのはまさにその一点であると言っても過言ではありません。

 

大きな企業になればなるほど社長の一存で会社を動かしていくのは難しくなりますが、中小の企業であればその存在感は他には代えがたいものがあるでしょう。

 

社長はどの方向に進んでいいかを示していく存在

極端な話、社長というのはその企業の5年先、10年先を見据えてどの方向に進んでいいかを示していく存在でもあります。こうした経営方針がなければ会社としてもどうのようにして営業をして良いのかが定まらなくなってしまうでしょう。

 

社長というのは、いわば会社の舵を切っていくための船長のような存在であり、船長なくして船が動かないように会社そのものも動けなくなってしまいます。

 

結果、社長というのは会社にとってなくてはならないものだと考えることができるのです。

 

 

では、社長が行う仕事っていったい何なのでしょう

社長が行う仕事ということを考えると、最も大きな仕事は経営するという点でしょう。

 

経営するというのは売上を確保するための手段であったり、従業員に給与を支払うための資金繰り、銀行との付き合い、今後の経営戦略などなど多岐に渡ると言っても過言ではありません。

 

社長は会社を儲けさせる事も大切

非常に多くの仕事を行うことになるのですが、それが会社を経営することでもあります。
社長なのだから現場の仕事もするのではと思う人もいるでしょうが、そうした仕事は社員が行うものです。
社長というのは現場での作業ではなく、会社を儲けさせること、会社を存続させていくことを目的としなくてはいけません。

 

現場での作業が忙しくて、社長としての仕事ができないという会社があるのなら、それは本末転倒していると言っても良いでしょう。
結果、会社の経営が危なくなってしまうというのは珍しい話ではありません。

 

ですので、社長が経営に専念できる環境を整えるというのも大きな仕事の1つだと言えるのです。

 

 

次に社長が考えるべき経営戦略とはなにかを考えてみましょう。

基本的な戦略としては2つのことを目指す必要があります。
事業の成長と拡大と実現していくための方法と、事業の安定を実現する方法です。
会社というのは成長をするのとともに、その売上を安定させていくことが重要になりますが、この2つを両立させていくのはとても大変なことだと言えます。

 

例えば、同じ商品を同じ値段で売っているだけでは、会社そのものの事業は成長していきません。

 

そこに何かしらの起爆剤となるものを考えないといけませんし、場合によっては商品の開発に投資をすることもあるでしょう。
そうして拡大した利益を安定させていくためにも、様々な戦略が必要になります。

 

例えばの話ですが、よほど特別な商品を取り扱っているのならそこに工夫は必要がないかもしれません。

しかし、顧客を増やしたり、ライバル会社の商品よりも優位に立つためには、企画力を上げたり、生産効率を良くする、宣伝やイベントを行うなど様々な手段をとることもあるでしょう。
こうした手段を考えていくことも社長にとっては重要だと言えます。

 

特に不動産業というのは少子高齢化という社会の流れの中で、今後は企業ごとによる浮沈が激しくなると予想されます。

これからの不動う産業とは?

従来どおりの営業を行っているだけでは、企業としての収益は安定していかないでしょうし、それが会社の拡大にもつながっていきません。

 

新しいコンセプトであったり、考え方などを導入し、何かしらの魅力を顧客に提案しなければ生き残っていく事はできません。
株式会社フィード・中村建治氏や(株)シーズ不動産販売・三浦 隆氏などの手腕はお手本となるでしょう。株式会社フィードの2chでの不動産の評判も参考にしてみてください。

 

社長という存在1つで、会社というのは大きく変わるものです。

営業成績が悪かったものが、一気に改善するというのも珍しい話ではありません。
社員のやる気を引き出すことができれば、大きく会社そのものが変わるからです。
社長というのはそれだけ大きな存在であり、そのリーダーシップが正しく発揮されれば心強い存在になってくれると言えます。