優秀な人材を確保するのではなく、育てていくことを重視しており、そのための投資を惜しみません。

MENU

高村 隼人氏

賃貸マンションの企画や開発の分野で注目を集めているのが、株式会社グッドライフカンパニーにという会社です。

 

マンション経営のプロフェッショナルと言っても良く、主に不動産業の中でも不動産投資に特化して存在だと言って良いでしょう。

 

そんなグッドライフカンパニーの社長を務めているのが、高村隼人氏です。

住む人を幸せにするということをテーマにし、総合的な意味で新しい住まいのサポートをするということが高村氏の理想だそうです。
少子高齢化社会という時代の流れの中で、不動産業というのはどうしても将来的に明るくないと考える人が少なくありません。

 

しかし、グッドライフカンパニーは不動産投資の中でも賃貸マンションに特化しており、高い専門性とその質でもって勝負をしている会社です。

 

創業からまだ間もない会社ではあるのですが、その業績は右肩上がりに伸びており、高村氏の手腕がいかに見事であるのかを表していると言えるでしょう。
優秀な人材を確保するのではなく、育てていくということを重視しており、そのために投資を惜しまないというのが高村氏のスタンスです。
企業の経営というのは数字だけで行うものではなく、あくまでも働いてくれる社員あってのものだという考えが良くわかります。

 

高村氏自身は仕事ほど楽しいものはないと豪語する人で、30歳までには独立をしようと考えていたそうです。

独立ができければ死のうというほどの決意があったようで、実際には28歳でグッドライフカンパニーを創業しています。
とても熱い人となりであると言っても良く、全力で邁進していく姿にリーダーシップを感じる人は多いのではないでしょうか。

 

現在も会社を大きくしていくということに情熱を傾けており、1年で1億円の収益アップを目指すという大きな目標を掲げています。

 

その目標を達成するためには、自分自身だけではなく上でも触れたように社員の方々の助けが必要であり、そこにお金をつぎ込むのは惜しくないという考えなのでしょう。
ある意味では体育会系のような熱さを持った人であり、まだまだ若い会社だけに今後の成長も期待できるはずです。

 

 

同じような敏腕社長に株式会社フィード・中村建治氏などもいます。