インヴァランスとは、イノベーション(革新)、バリュー(価値)、リライアンス(信頼)を意味します。

MENU

小暮 学氏

不動産投資の世界において有名なのが(株)インヴァランスという会社です。

 

その社長を務めているのが小暮学氏です。

インヴァランスとは革新を意味するイノベーション、価値を意味するバリュー、信頼を意味するリライアンスの3つを組み合わせた造語となります。
小暮氏が創業をしてから10年以上経過しているのですが、そこで得られたノウハウや経験を顧客に最大限フィードバックすることでも有名です。

 

また、インヴァランスでは従来の不動産投資における管理維持といったものだけではなく、独自のノウハウを提供してくれるセミナーを定期的に開催していることでも知られています。

不動産投資というある意味ではあまり馴染みのない世界であったものを、馴染みやすくしたというのが、小暮氏の大きな実績だと言えるでしょう。

 

また、小暮氏と言えばちょっと変わった福利厚生を行っていることでも有名です。

不動産系の事業というのは、そもそも女性社員の数が少ないということもあるのですが、インヴァランスでは多くの女性が活躍をしています。

 

女子会

その理由の1つに福利厚生に定例女子会があるからです。
福利厚生の一環として行われる女子会なので、飲食代の全てを会社で負担するという太っ腹具合です。
女性社員のリフレッシュだけではなく、意見交換なども目的としており、新しい福利厚生の形を提案したと言っても過言ではありません。

 

革新的な部分だけではなく、小暮氏が経営するインヴァランスが活躍している理由としては、徹底したアフターサービスにもあると言えます。

投資をしてそこで終わりというだけではなく、投資後にも長く付き合っていけるように、様々な面でフォローしてくれるというのは、投資をする側からすればありがたいことでしょう。
徹底した顧客のニーズに対応する柔軟性をもった経営をする、それが小暮氏の持つ強みなのかもしれません。

 

不動産は創造の宝庫であるという言葉を小暮氏自身が語っているのですが、その価値というのは扱うもの次第で変わってくるという意味であり、その価値を最大限に高めるための努力を怠らないことへの決意表明でもあると言えます。