地域へ貢献し、社会全体の役に立つことを意識した経営を行っています。

MENU

五十嵐 恭久

株式会社株式会社ラウンドハウジングの代表取締役を務めているのが、五十嵐恭久氏です。

株式会社ラウンドハウジングは平成6年に五十嵐恭久氏によって創業された会社であり、不動産コンサルト、売買や賃貸、仲介をメインとした不動産会社になります。

 

地域に密着した不動産業務を行いつつ、従来の不動産業だけではないサポートを行うことで有名な会社です。

特に近年では海外からの留学生をサポートする事業を進めるなど、一般的な不動産業とは異なる視点を持っていると言っても過言ではありません。

 

こうしたラウンドハウジングの経営方針は社長である五十嵐恭久氏の方針です。

企業が自ら利益をあげるのは当然の話ですが、そこに固執するのではなく、地域へ貢献であったり、社会全体の役に立つことを意識した経営が特徴だと言えます。
ラウンドハウジングでも地域貢献活動やボランティア活動などを行っているだけではなく、聴覚障害のあるキックボクサーとして有名な郷州力選手のサポートを行うなど幅広い活動をしています。

 

創業から20年あまりの会社ではありますが、順調に成長してきた経緯があり、創立10週年を迎える頃には、創業時に行っていなかった部門をいくつかスタートさせているくらいです。
近年では海外事業や賃貸保証業務、トランクルーム事業といった新しいサービスを開始しており、その成長にも著しいものがあります。

 

地域密着イメージ画像

大手の不動産会社のように幅広い営業地域を持っているワケではなく、限られた地域の中だけになるのですが、地域に密着しているからこそ紹介できる物件も少なくありません。

 

企業理念として掲げている地域社会の発展などにも力を入れている五十嵐恭久氏ならではの経営方針が功を奏している形です。
周辺地域の清掃を行っていたり、花壇の手入れなどを定期的に参加するなどの積極的な活動が、五十嵐恭久氏の人となりを伺わせます。

 

現代の日本人が失ってしまった地域の繋がりを作っていくことによって、新しい価値観を生み出すことができるのではないでしょうか。
そうした五十嵐恭久氏の経営方針によって、株式会社ラウンドハウジングは驚異的な成長を続けていると言えます。