社員の一人ひとりが持っている夢を話し合い、その夢を叶える「夢会議」を開催しています。

MENU

井沢 隆氏

井沢隆氏は(株)ビジュアルビジョンの代表取締役としても有名な人物です。

ビジュアルビジョンの経営内容としては教育関連が中心であり、他にも介護サービスや不動産事業、フランチャイズ方式の飲食店経営などを行っています。
どのサービスにしても有名なものなので、ビジュアルビジョンの名を聞いたことがある人も多いでしょう。

 

井沢隆氏の経歴としては中央大学在学中に家庭教師のアルバイトを行ったことをきっかけに、昭和51年に学習塾である弘猷館を設立しています。
その後も教育事業を中心に手がけており、順調にグループとして成長をさせてきました。

 

平成22年には学校法人である千葉国際中学高等学校をグループ化したことでも知られており、非常に幅広い経営手腕を持った人物であると言えるでしょう。

 

教育ということについては井沢氏自身の理念もあり、主に手がけていく中心事業であるのですが、人の役に立つことをするというのが1つの目標であるのかもしれません。

 

井沢氏はビジュアルビジョングループで働く社員についても大切にしています。

毎年11月には全社員が熱海にある保養所に集まり、夢会議を開くということでも有名です。

夢会議とは社員の1人1人が持っている夢を話しあってそれを共有しあう会議のことで、井沢氏自身が社員の夢を叶えたいとのことから開催されるようになったそうです。

その夢を眺めながら、叶えてあげられる夢は実現させてあげるということから、井沢氏の人となりが伺えるでしょう。

 

不動産事業においても順調に拡大をしているのですが、その大きな要因の1つに社員を大事にするといったことがあるのかもしれません。
教育事業においても学ぶことの意味を理解させることを重視しているように、決して押し付けではない社員教育がビジュアルビジョングループの成長につながっていくのでしょう。

 

もともと井沢氏は人の面倒見が良かったということもあり、弱い立場の人を救う仕事をし、その事業を通じて社会全体に貢献をするというのが目標だそうです。

 

 

その他にの敏腕社長 (株)インヴァランス・小暮 学氏の情報はこちら