ガールズケイリンは男子に必要不可欠なラインが存在しないため、より個人の実力が重視されます。

ガールズケイリン

女子競輪選手
競輪は男性だけのものではなく、女性選手もたくさん活躍しています。
女性の競輪選手だけでレースを行うガールズケイリンについて詳しく見て行きましょう

 

ガールズケイリンはその名の通り女性選手だけで走る競輪となります。
性別が変わっただけだと感じるかも知れませんが、実はレースのルールも異なっているのです。

 

男子競輪とどのようなルールの違いがあるのか、また注目女性選手なども紹介したいと思います。

 

 

男子競輪と違うルール

ガールズケイリンは2012年7月に新ルールで運用が始まりました。

 

きっかけは2012年のロンドンオリンピックで正式な競技種目に加わったからです。
オリンピックに向けて女子競輪を盛り上げようとして誕生したのがガールズケイリンなのです。

 

なぜ男子競輪と違うルールなのか不思議に思うかもしれませんが、これはオリンピックで採用される国際ルールに合わせたからです。

具体的なルールの違いはこちら

まずはスタートの方法が異なります。
男子競輪は先頭を走る誘導員が最初から前に居ますが、ガールズケイリンは少し後ろから出発するのです。

 

また、先頭の誘導員が退避するまで追抜かすことが禁止されています。
誘導員の横に並んでしまったら失格になるほど厳しいルールが適応されているのです。

 

さらに、男子競輪と最も違う点はラインが無いことでしょう。
先頭選手の真後ろに付き、風の空気抵抗を軽減しながら一時的に協力し合うスタイルがラインです。
男子競輪ではこのラインを予測してレースを的中させるのが楽しさであり魅力でもありました。

 

ですが、ガールズケイリンではこのラインが存在せず、選手は1人の力で走りぬかなければなりません。

 

そのため男子競輪とは違って同郷や同期の人間関係を気にせず予想出来るので選手個人の実力がより重視されるのです。

このように男子競輪とガールズケイリンはルールが違っているので覚えておきましょう。

 

 

注目の女性選手

優勝メダルガールズケイリンで注目したいのは児玉碧衣選手です。
児玉碧衣選手は2018年にガールズ最優秀選手賞を獲得しており、華々しいレース成績を残しています。

 

華奢な身体からは想像も出来ないパワフルな走りに、勝利した時の弾ける笑顔はただただ美しいでしょう。競輪選手としても女性としても魅力的なのです。

 

2019年の年末に行われるガールズグランプリの出場に向けて快進撃を続けているので、今後の活躍を見守って行きましょう。

 

ちなみに2018年のガールズグランプリでは優勝を勝ち取り、賞金1000万円を獲得しています。

 

24歳という若さで女子競輪界のトップを駆け抜ける姿は華々しいの一言に尽きます。

TOPへ