ワイルド系や童顔な可愛い系のイケメン競輪選手をご紹介します。

注目のイケメン選手

競輪は公営ギャンブルという性質上、どうしても男性ファン率が高くなっています。

 

しかし、近年では映画やマンガの影響により女性ファンが増加傾向にあります。

 

優勝者を的中させるギャンブル要素よりも、イケメンに惹かれる女性が多いのは事実でしょう。
競輪ファンの女性4人そこで紹介したいのが実力も兼ね備えた注目のイケメン選手達です。

 

一流のアスリートならではの引き締まった肉体美、そして勝負する男のイケメン顔は女性の心をざわつかせます。

 

どのようなイケメン選手が注目されているのか、成績や特徴を踏まえて見て行きましょう。

 

 

イケメン選手の紹介

競輪選手の中には様々なイケメンが存在しています。
ワイルド系から童顔な可愛い系までいるので、自分のタイプのイケメンが見つかりやすいはずです。

2018年の賞金額と一緒にイケメン選手を紹介したいと思います。

 

 

村上博幸選手

最初に紹介するのは、9名しか存在しない競輪選手のトップクラスS級S班で活躍する村上博幸選手です。

 

今年で40歳になるベテランで主に京都府をメインに競輪を行っています。
40歳とは思えない肉体美にガテン系のワイルドさは、守られたい女性にとって魅力的でしょう。
2018年時点の獲得賞金額は約6000万で、莫大な年収を持つイケメンというのも高評価です。

 

お茶目な性格で競輪レースが終わった後に観客へ手を振ったり、可愛い笑顔を見せてくれるのもギャップがあって素敵です。

 

京都方面に在住の人は最寄りのレース会場に行って、村上博幸選手の走りを見てみてはいかがでしょうか?

 

ロードバイク

 

 

浅井康太選手

次に紹介するのは、同じく競輪選手のトップ9名に名を連ねるS級S班の浅井康太選手です。
浅井康太は35歳で今が絶頂期と言うべき成績を残しています。

 

レース終盤で加速する走りに観客は沸き立ち、1位を勝ち取る姿は感動さえ覚えるでしょう。
2018年時点の獲得賞金額は約1憶4000万で、圧倒的な成績を収めているのです。

 

三重県を中心に活動しており、さわやかな笑顔とカジュアルなスタイルが人気を集めています。
優しそうな雰囲気と鍛え上げられた肉体には安心感があり、見ていて癒される存在です。

 

 

渡邉雄太選手

最後に紹介したいのが、S級1班に所属する渡邉雄太選手です。

 

24歳の若さで既にS級1班になっており、2018年の獲得賞金額も約3400万を超えています。

 

溢れる若さとどこかやんちゃさを感じさせる笑顔は、幅広い年齢層の女性を魅了するでしょう。
レースでの駆け引きも得意で終盤から捲りを狙うスタイルは、したたかな性格の表れかもしれません。
渡邉雄太選手は静岡県で活躍する競輪選手なので、走りを見たい人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

TOPへ