競輪選手の平均年収は1200万円~2000万円ですが、成績によって格差があります。

競輪選手の年収

競輪選手の年収

競輪選手は厳しいトレーニングを重ねており、1年のほぼすべてを競輪に捧げていると言えます。

 

輝かしい人生のすべてを競輪に費やしている状況ですがそもそもどれだけの収入を得ているのでしょうか?

 

想像もできない競輪選手の年収や優勝賞金の制度に迫ってみたいと思います。

 

また、競輪選手は6段階のクラス分けをされており、それによっても年収は大きく異なります。

 

このクラス分けのルールや年収との関係性も見て行きましょう。

 

競輪選手の賞金

競輪選手の年収と言っても新人とトップレベルのベテランでは大きく違います。

 

まずは競輪選手になって日が浅い新人の年収から紹介したいと思います。
駆け出しの新人だと、年収は400万から600万ぐらいが相場となっています。

 

一般的なサラリーマンと同じぐらい稼いでいる状態で、成績が良いと800万程度まで年収がアップするでしょう。

 

競輪選手の稼ぎ方は各種手当レースの賞金で構成されています。

 

レースを1回走ると3万円が支給され、レースの着順により数十万から数百万の賞金が配られるシステムなのです。
3万円の手当はお小遣いのようなもので、本命はレースの着順による賞金となります。

 

そのため、少しでも順位を上げるために競輪選手は死力を尽くしているのです。

 

さて、これが成績上位9名しか居ないS級S班のトップ選手になると年収は1憶を超えます。
年に1回あるKEIRINグランプリ1位の賞金は1憶円で、過去には年収2億円を超えた選手も存在するのです。

 

ちなみに競輪選手の平均年収は1200万から2000万と言われており、少なくとも一般的な人よりは遥かに多く稼いでいます。

 

競輪選手は想像以上に稼いでいて、日々の弛まぬ努力の成果だと言えるでしょう。
輝くトロフィー

 

 

競輪選手のランク分けについて

競輪選手には成績に応じて6段階のランク分けが行われます。

 

成績上位9名しかいないS級S班を筆頭に、S級1班、S級2班、A級1班、A級2班、A級3班と続いて行くのです。

 

当然ランクによって得られる年収は大きく変わっています。

S級S班の年収は7000万から2億と桁外れな年収がありますし、S級1班でも2500万程度の年収を得ているのです。中間に位置するA級1班でも1000万ぐらいの年収があるでしょう。

 

このようにランクによって年収は大きく変動するため、選手は自分のランクを上げようと必死になるのです。
ランクを上げてレースで上位に入賞して賞金を手にする、それこそが競輪選手の稼ぎ方です。

 

ランクを上げるには年に2回ある定期昇級か特殊昇級の条件を満たすしかありません。

 

総合的な成績が良ければ定期昇級でランクが上がります。
特別昇級は、レースで3連続1位を獲得するなどずば抜けた成績を叩き出さなければいけないのです。

 

成績が悪ければランクが下がって行き、いずれは除名処分になってしまうでしょう。
競輪選手が必死になってレースを走るのはこうした事情が少なからず関係しています。

TOPへ