競輪選手の平均的な選手生命は45歳くらいで、大半の選手が引退後に再就職しています。

引退後の生活

引退生活を送る男性レースで活躍する選手も永遠ではありません。
加齢による体力の低下や成績不振によって引退のタイミングは必ず訪れます。

 

一般的なサラリーマンであれば60歳前後まで働きますが、競輪選手は違っているのです。
アスリートの宿命とも言うべき選手生命は、例外なく競輪選手にも存在しています。

 

競輪選手は何歳まで現役で居られるのでしょうか?

 

また、引退後にはどのような生活が待っているのか紐解いて行きたいと思います。

 

ここでは栄光を掴んだ競輪選手のその後を見てみましょう。

 

 

 

競輪選手の選手生命について

サッカーやバスケットボールなど体力や瞬発力が求められるスポーツは選手生命が短いと言われています。
30代、早ければ20代で選手生命が終わってしまう競技もあるほど厳しいものなのです。

 

それに対して、実は競輪選手の選手生命は40代と長めになっています。
負荷をかける筋肉が限定的なこと、そして高負荷を掛け続ける時間が短いのが選手生命の長さに関係しているのでしょう。

 

競輪選手の平均的な選手生命は45歳と言われており、若い選手に負けない走りをするベテランは多いです。

 

過去には60代でレースを走った競輪選手も存在していて、選手生命の長さを実感させてくれます。

 

こうした選手生命の長さを聞くとずっと活躍出来るように感じるかもしれません。
しかし、20代でも実力不足と判断されれば強制引退になるので甘い世界では無いのです。

 

ちなみに、20年現役でレースを走ると2000万円の退職金が支払われます。

 

さらに特別な年金制度で毎年120万円が貰えるのも大きな要素でしょう。
この制度があるからこそ、40代での引退が多いのです。

 

 

引退後の仕事

キャスターに転向した元競輪選手引退後は様々な仕事の選択肢があり、大半の選手が再就職を行っています。

 

多いのは競輪場の警備員や案内係として再就職するケースです。
世話になった競輪に恩返しをするために、何かしら競輪に関係する職業に就職を行うのです。

 

大金を稼いだ人はそれを元手にビジネスを始めることもあります。
スポーツジムやマッサージなどを始めて選手のケアを行う人もいますし、異業種である飲食店を始める場合も存在します。

 

知名度がある人はタレントに転向してバラエティーやコメンテーターになっています。

 

 

競輪選手の多くは40代で引退するので、そこからセカンドライフが始まるとみて良いでしょう。貯金でのんびり暮らすのも良いですし、新しいビジネスで忙しい日々を送るのも素敵です。
競輪場の警備員や案内係になって競輪を見守るのも楽しい人生になります。

 

過酷な生存競争で勝ち抜いた競輪選手は、素敵で充実した人生を送れるようです。

TOPへ